避難シェルター付防災住宅「カリビスのたまご」建てた後の安心

建てた後の安心PEACEFUL DWELING

今日も、10年後も、50年後も変わらない安心を

ハウスメーカーは「家を建てる」のが仕事ですが、
その「家」は将来にわたって住む人の安心・快適を担っていきます。
であるとすれば、家を通じて将来にわたる住まいの「安心・快適」を生み出してゆくのもハウスメーカーの大切な仕事、と私たちは考えます。

家を建てたところから始まる、「建てた後の安心」。
それもまた住宅のひとつの性能です。
今日も10年後も30年後も変わらない安心を…
安心住宅は「カリビスのたまご」を通じて、お客様にさまざまなアフターメンテナンスを提供し、末永い安心と快適をお届けしてゆこうと考えています。

建てた後の安心 お客様にさまざまなアフターメンテナンスを提供し、末永い安心と快適をお届け

住まいの性能を定期検診
空気のきれいさも追跡チェックします

安心住宅では、「カリビスのたまご」の住宅性能に係わる点検・メンテナンス定期的に行っています。
対象になるのは、太陽光パネルや全館空調システム、給排水管などの性能維持だけではありません。
例えば、空気環境測定などを通じて、空気のきれいさなども定期的に点検していきます。
目には見えない性能だからこそ、目で見てもらえる方法で、住まいの性能をご確認いただきます。

定期的な防災レクチャーで
いざという時に備える

「カリビスのたまご」には防災・防犯住宅としてさまざまな性能が凝縮されています。
災害時に緊急避難するシェルター、太陽光パネルによる非常用電気の供給、そしてエコキュートにストックされる非常用水等など…。
しかし、万が一の時しか使わない機能だけに、操作も忘れがちになります。
安心住宅は、いざという時にお客様がスムーズに的確にこれらを使用できるよう定期的な訪問レクチャーを行っています。

きれいな空気が家を守る
75~90年大規模リフォーム要らず

一般木造住宅は、年とともに木材や基礎部分が傷み、建物そのものも
30年ほどで大規模改修や建て替えが必要になります。
住まいの劣化の原因となるのは、湿度、結露、カビ、シロアリ、
木材の腐食を進める腐朽菌の発生などです。
「カリビスのたまご」はつねに基礎や壁の内側にきれいな空気を循環させる
ことで、75~90年という住まいの長寿命化に成功しています。
言い方を変えれば、きれいな空気が家を守ってくれているので
住む人は、日常的なメンテナンスをする必要がないというわけです。
普通なら20~30年ごとに行う大規模リフォームや建て替えも
「カリビスのたまご」には必要ありません。
当然、生涯建築費も大幅に抑えられます。
親から子へ、孫へ、世代を越えて安心を引き継いでいただけます。

PAGE
TOP